肌のお手入れに時間をかける事でくすみ知らずの白い肌に!

お肌がくすんでしまう主な原因は主に3つあります。
まず、1つ目は肌の血行不良によるものです。お肌の奥にある真皮には毛細血管が沢山あります。血流が滞ることで肌の赤みが失われ、くすんで見えてしまいます。
さらに血流にのって酸素が運ばれますが、血液の中にあるヘログロミンは酸素と結びつくことにより鮮やかな赤色になります、この赤色がお肌の血色感になりますので、肩こりや冷えで血行不良になると肌色に血色感がなくなりくすみんで見えてしまうのです。
もう一つはターンオーバーの乱れによる重層化です。本来、4週間から6週間がベストのはずのターンオーバーが乱れる事によりお肌表面が乾燥しキメがみだれくすんでみえます。剥がれ落ちなくてはいけない、角質が積み上がりお肌全体がくすみます。
三つ目は乾燥です。キメが乱れお肌がくすんでみえます。

マッサージでくすみ解消

お肌をマッサージすることにより、お肌を温めて血流を良くすることにより血色感を与えられます。毛細血管は加齢やストレスより減ってしまう事が分かっていますので刺激を与えて血流を良くする事でくすみづらいお肌を保つことにもつながります。さらに血流改善により細胞を生みだす基底層に栄養が行きわたりやすくなりますので、元気な細胞を生みだす事が出来るようになり、ターンオーバーを正常化することによりくすみを改善することもできます。

クレンジングでくすみ肌を改善する

正しいクレンジング、洗顔をすることにより肌表面の汚れを落とす事ができ重層化を防ぐ事ができます。また正しいクレンジング、洗顔をすることにより次に使うスキンケアの浸透も格段に良くなりますので、乾燥ケアにもつながります。

しっかりと保湿

乾燥肌の方はきちんと保湿することによりお肌のキメが整い光の反射の関係でお肌に透明感がでます。
また乾燥していると、ターンオーバーの乱れや角質重層化の原因ともなります。

身体を冷やさない事で顔の血行が良くなる

冷房がききすぎた部屋にいたり、冬の寒い日は特にくすみを感じたりしませんか?冷えすぎは身体にもよくありませんがお肌にも良くありません。冷えてしまった日には温かい食事や飲み物をとったり、半身浴をするなどして身体を温めましょう。

ストレスを溜めない。
ストレスを感じると交感神経の働きで血流が悪くなります。徹夜明けや仕事後にくすみを感じるのは、ストレスを感じているからかもしれませんよ?!忙しい日にこそ、是非好きなアロマを焚いてみたり音楽を聴いてみたりリラックスを心がけてみましょう。

お手入れをしっかりと!

上記の2点を頑張ってみても、やはりお手入れ不足は大敵です!!クレンジング、洗顔、お化粧水、乳液、ナイトクリーム、ベイシックのお手入れはしっかりと行いましょう。美は1日にしてならず!!

くすみ肌についてまとめ

くすみのない透明感のあるお肌って憧れますよね(*’▽’*)
寒い日が続き、お肌は冷えやすくまた湿度の低下により乾燥しやすい時期ですがくすみ知らずのお肌を頑張って手にいれましょう!!

肌ナチュールホワイトエッセンスの口コミ>>

角質層を取り除きくすみ肌を改善

くすみ肌は、紫外線などをあびたり、それをそのままにしていたりすると、角質層が硬くなってきます。その溜まってしまうことがくすみの原因になります。その角質層が堅くなることで水分が全く入っていかなくなります。水分が入っていかないということは、角質層がどんどん堅く、アカがどんどん積み重なっていくのと同じ状態になってしまうのです。それがどんどん厚く固まっていき、紫外線や、色素沈着をおこし全てが堅く厚くなるのがくすみとなっていきます。

角質層を取り除きくすみ肌を改善

厚く堅くなってしまった、角質層を取り除くことが大切です。スクラブのようなもので、まず優しく取り除くことです。そしてもう一つ、汚れをしっかり取り除くことです。汚れを、しっかり取り除かないことも、それがくすみの原因になります。汚れ、角質層をとりのぞいてから、たっぷりの水分を、いれることです。水分を、入れて入れていれるです。ローションパックなどして、水分補給を、することもとてもオススメです。水分を、いれて、ローションなどをして、ラップをして、スチーム常備にすることもオススメです。そのようにしっかり水分をいれて、保湿を、することです。潤い、保湿をしっか化粧水を入れて入れぬくことで、くすみは改善されます。それを毎日しっこりやることにによってくすみは改善されます。何か特別なことでなく、汚れ、角質層、そしてしっかりの化粧水を肌にいれこむんです。ローションパックを取ってみたとき、一番に本人が驚きますし、一番くすみがなくなると、またつきにと進んでいきます。、

クレンジングは超重要!

1.しっかりクレンジング、何もしなくてもいいだろう。は全く間違えています。
2そして、しっかりの水分補給をたっぷりすることでです。朝もしっかり日焼けどめでしっかり対策してくください。そして、夜は、まずしっかりクレンジングで毛穴の中の汚れたものをとります。この毛穴のケアをしないと、毛穴がどんどん目立ってきます。そしてしっかりの、泡洗顔です。フアフアあわでと黒ニキビをしっかりのやります。全部が終わってから、鏡をみると、もうそうなって肌の色が今まで以上になってくすみ知らずになります。神パックをおえたら、ゆっくりはがして、まぁ残っているのを手にとって、押し込みぐらいにならないとてます。それから、美白のトリートメントです。

まとめ

くすみは、汚れなどが、固まってしまって、水が入らなくてなってしまいます。次の化粧ひんも顔には全くはいりません。だから、入るようにしっかりするのが素晴らしいです。

くすみをなくして美肌を手にいれる

くすみ肌のメカニズム

美容面で肌がくすむ原因は血液循環のメカニズムが一つ、年齢というのもありますが元気肌をキープするには必須です。肌再生で表面にある角質ならば洗浄力の高い石鹸で洗えばよいですが、くすみは肌の内側からの機能がベストでないからですね。それを改善するには日常の家事とか徒歩、仕事面できちんと動くこと。それぞれの体力範囲で運動していれば、フェイスラインの肌はいきいきとして元気な雰囲気に見えます。それと肌機能に関連する腸内の浄化が必須、野菜メニューをチョイスしたり、朝食やお昼にヨーグルトを用意すればすっきり腸内で肌いきいきで明るい肌色ですごせます。

 くすみ肌を治す方法

・血液循環をベストにする方法

20代から30代、40代になれば自然と運動量が低下するのが一般的ですが、健康と美容を考えて家事タイムでもちょっとした運動をするのもよい方法です。まめに動く家事としたらお掃除、しゃがむ時でもきちんと腰をすえて姿勢をシャンとすればベストな骨格がキープできます。
運動すると体内の新陳代謝がスムーズになり、体液とか血液がさららさら、不純物が流れて肌色明るく維持できます。買い物に出かける時は比較的近距離なので徒歩が通常、片道15分程度の距離をスタスタと歩くので筋力キープし、秋冬時期は身体の内側からぽかぽかと温まります。くすみ肌の改善ポイントは血液循環とか新陳代謝、日常生活の運動量が重要です。

温めるという意味で最適とかベストなのは入浴、ぽかぽかと身体の芯から温まれば冬シーズンでも新陳代謝アップ。それに夜の10時から午前2時が肌づくりに重要なので規則正しい就寝時間習慣も肝心、この時間帯はシンデレラ・タイムと言います。だからくすみ肌改善は生活スタイルからのもの、生活基本で肌づくりしています。

くすみ肌にならない為の予防法

・腸の浄化

年齢が上がるにつれて老化のパーツはフェイスラインや身体機能、美容の肝心はすべすべ肌づくりの腸内浄化もたいせつです。なぜかというと腸には若くても宿便があり、この状況が肌荒れとかくすみの原因だからです。
腸の掃除には蒟蒻とか野菜、それに習慣づけしやすいヨーグルトがベストです。ダイエットやスタイル・キープにも低カロリーのヨーグルト最適。秋冬はプレーン・ヨーグルトを20秒くらい電子レンジ、常温で食せば1月や2月もよい美容効果。仕事がある日や休日は忙しいのでヨーグルト温める時間がない時もありますが、腸の浄化にはお腹を温めるのもよいので、習慣づけています。
毎週プレーン・ヨーグルトかというと時々はフルーツ入りのカップとか、寒天入りの安いヨーグルトを食べる時もあります。要するに健康と美容効果には乳製品を熟成したヨーグルト、それか甘酒をストックしても同じような効果があります。

くすみ肌についてまとめ

見た目が若く元気に見えるには日常の生活スタイルが基本、以前はスキンケアというとやや高い化粧品を使うのがよいと思っていましたが、内側ケアが重要です。特に普段からこまめに動いて運動することと、入浴タイムで温まるのはたいせつな美容ケア。身体機能の腸も重要でヨーグルトおススメ、低カロリーで比較的安価、種類が豊富なのでストックするとよい

コンシダーマルの口コミはこちら

くすみ肌にならない為に喫煙はNG

肌がくすむ理由は一つではなく様々な原因が考えられます。

疲れやストレス、肌の乾燥や喫煙など、理由や肌のくすみ方は違いますが肌にこれらの原因が当てはまり艶がなく疲れ、老けたように見えるくすみ肌が出来上がります。

また、どの原因にも当てはまることが血行が悪くなることで顔色はくすみ不健康に見える肌になるので顔の血行を良くするようなマッサージを行ったり対処法を行うことがくすんだ肌を健康的な肌の色に戻す近道になります。

くすみ肌を治す方法

顔全体の血行を良くするために口の中に空気を入れて膨らますことを繰り返したりスキンケアを行う時に指で顔全体を力を入れすぎないようにマッサージすることも顔の筋肉が動き血行が良くなるので効果的です。

同じ様に顔だけでなく全身の血行を促すためにできるだけ入浴はお風呂に浸かるようにして全身を温めて血行を促進させましょう。

スキンケアは丁寧に行うことが基本であり乾燥はくすみ肌の大敵なので肌の内部まで化粧品が浸透するようにパックを使用したり顔に化粧品を塗ったら手で押さえて肌の内部まで化粧品を入れ込んであげると保湿された潤いのある肌になりくすみ肌の改善に効果的です。

肌の乾燥を防ぐために大切なことですが水分をよくとるようにして栄養がある食べ物を食べることもくすみ肌の改善には大切です。ビタミンは肌の乾燥を防ぎ肌を火星化させてくれるので肌がくすんでいる時は積極的に摂取しましょう。

血行不良になる大きな原因である喫煙はなるべく控えるようにしましょう。

美顔器や顔のマッサージローラーを使用すルトくすみ肌の改善になりしわやたるみの予防にもなります。

くすみ肌にならない為の予防法

喫煙はできる限り減らしできる事なら禁煙して血行が悪くならないようにする。
肌が乾燥すると艶がなくなりかさついた肌はくすんで見えてしまうので肌の内部まで化粧品を浸透させてあげるような保湿重視のスキンケアで肌のかさつきを防ぐ。
顔の筋肉は使う程活性化し使わなければたるみ、くすんで疲れた肌になっていくので顔全体や顔の筋肉を動かす体操を行ったりできるのであればスキンケアを行う時にクリームなどを使用して指の腹で顔全体をマッサージすると肌がくすまなくなります。

肌がくすんだ原因にもよりますが運動したりゆっくりお風呂に浸かることでリラックスできて体の血行もよくなるので肌がくすみにくくなります。体が冷えていることで肌のくすみにつながることも考えられるのでできるのならば顔だけでなく体全体を冷やさずに温めて血行を促進させましょう。

くすみ肌についてまとめ

肌がくすむと疲れて見える、老けて見える、不健康に見えるなど女性にとってうれしいことは一つもなく人から見てもくすんでいる肌は決して綺麗で健康的な肌には見えないので自分の肌のくすみ方を確認して少しでもくすみ肌を改善するように対処することで肌のくすみは減っていき健康的な肌を取り戻すことができます。

肌の血行を良くしてくすみ肌を改善

くすみ肌のメカニズムは、紫外線や乾燥、加齢、睡眠不足、外部刺激などの要因によって肌の新陳代謝が鈍くなり、

肌のターンオーバーが遅くなると古い角質が剥がれずに角質層がどんどん厚くなってしまいます。

角質層が厚くなることで皮脂や老廃物が蓄積され、血行不良に陥り、整っていたキメが乱れて、肌の透明感が失われていくことでくすみ肌になってしまいます。

喫煙やストレス、冷えなどで血管が収縮して血液循環が悪くなってしまうことや
化粧品に含まれる油分や皮脂が空気中に触れていくうちに酸化が進むことで肌のくすみの原因を作ってしまいます。

くすみ肌を治す方法

・紫外線対策を行うこと

紫外線による肌ダメージは紫外線くすみを悪化させる要因となります。
これを防ぐために、常に日焼け止めをしっかり塗ること、日傘を活用するといった紫外線対策が必要です。
ピーリングを行うのも効果的です。紫外線くすみの原因となるメラニンを取り除いてくれるのでくすみの改善につなげます。
ピーリングを週に1回の習慣にすることでよりくすみ改善効果アップが期待できます。

・肌を保湿すること

保湿不足になると乾燥を引き起こし、肌が灰色がかって見える乾燥くすみを引き起こしてしまいます。
保湿ケアにおススメの成分はセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが挙げられます。
その中でもセラミドは特に保湿効果が高い成分です。これらの成分が入っている化粧品で毎日の保湿ケアを習慣にすることでくすみを改善させます。

・肌の血行を改善させること

血行を改善させる手軽な方法として、蒸しタオルを使った方法があります。水に浸したフェイスタオルを用意して固く絞り、電子レンジで1分ほど加熱して顔に当てます。タオルが冷めてきたら外して完了です。
蒸しタオルを使うことで血行が促進され、血行不良が原因の青くすみを改善することができます。
朝のメイク前や顔のクマやくすみが気になる場合におススメです。

・正しいスキンケア方法でくすみを改善

間違ったスキンケアによって汚れが蓄積されてしまうこともくすみの原因となってしまいます。
くすみに効果的なスキンケアは。洗顔時はゴシゴシ擦らず、たっぷりの泡でやさしく洗い上げます。
化粧水をつける時は、手で温めてから優しくハンドプレスします。
目元や口元など乾燥しやすいところは重ねづけをします。乳液や美容液をつける時は手で温めてから優しくハンドプレスを行います。
くすみの改善には毎日のスキンケアを正しく行うことが近道と言えます。

・くすみ改善に効果的な栄養素や食材を摂取すること

くすみは食習慣の乱れによっても引き起こしてしまいます。くすみ効果的な栄養素や食材を摂取することでくすみ改善につなげます。
くすみに効果的な栄養素としてビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、鉄分が挙げられます。
食材として、豚レバー、ウナギ、ニンジン、パプリカ、レモン、明太子、モロヘイヤ、イワシ、かぼちゃ、卵、シジミがくすみ改善に効果的な食材です。これらをバランスよく取り入れることでくすみを治しやすくしてくれると言えます。

くすみ肌にならない為の予防法

・「顔の体操」を行う

顔の体操のやり方は、口の中に軽く空気を含み、口を閉じます。頬を左右交互に膨らませ、上下に空気を動かして、鼻の下と唇の下を交互に膨らませます。
顔の筋肉が刺激され、血行促進効果につながり、毎日数分でも良いので継続的に行なうことで予防につながります。

・「身体を冷やさないようにする」

入浴はシャワーではなくお風呂に浸かり、フェイスマッサージやボディーマッサージを行う、寝る前や起床後のストレッチ、冷たい飲み物は控え温かいものを優先的に摂取する、身体を冷やしてしまうカフェインを避けること、トイレを我慢しないことといったことを毎日の習慣に取り入れることで、くすみ予防につなげます。

・「適度な運動を取り入れる」

顔の血行が良くなるのでくすみを引き起こしにくくしてくれます。一駅分歩くなどちょっとしたことで構いません。

他にタバコを控える、睡眠をしっかり摂ることもくすみ予防につなげてくれます。

くすみ肌についてまとめ

くすみ肌の改善や予防は普段の生活を少し見直すだけでできる方法が多いので、少しずつ習慣化させていくことで
徐々にくすみに負けない肌質へと変えていくことで、肌悩みを解消し、肌トラブルを減らすことにもつなげられると言えます。
また、知らず知らずのうちにくすみを引き起こしてしまう生活習慣をしている部分もあるので、そういったことをなくしていくことが
くすみ肌を改善し予防へとつなげます。

メディプラスゲルの口コミはこちら

紫外線対策と乾燥を予防してくすみをなくす

くすみの原因となる原因は主に紫外線や乾燥、血行不良、摩擦による刺激、化粧落としの不十分などさまざまです。

このような要因によって皮膚のターンオーバー機能が乱れていきます。肌の新陳代謝が遅れて角質層が厚くなってしまうと肌に皮脂や老廃物が蓄積していきます。
その結果、古い角質が残り肌の透明感が失われていき「くすみ」となってしまいます。

またストレスや冷え性が原因で血行不良になり血液の循環が悪くなった場合も、くすみの原因となってしまいます。

くすみ肌を治す方法

・紫外線の場合

メラニンを抑制する為にビタミンCを摂取することです。ただし日頃の紫外線対策もしっかりやっておかないと意味がありません。
曇の日や室内でも少なからず紫外線によるダメージはあるので、しっかりと日焼け止めをしておきましょう。

・乾燥の場合

保湿を徹底し、古い角質を落としながら肌のターンオーバーを整えていきましょう。また、血行を促進することで乾燥を解消出来ることもあります。
美白成分や高保湿成分が入っているものを使うことで浸透力を上げ、潤いを取り戻していきます。

・肌汚れや蓄積の場合

化粧をしっかり落とさずに肌に汚れが残っている場合は、洗顔やクレンジングから見直していきましょう。
落とさずに寝てしまう事はもちろん、日焼け止めを塗った場合もしっかりとクレンジングをしましょう。
正しい洗顔をすることで角質除去や毛穴汚れを無くしていきます。必ず泡立てた洗顔料を擦り過ぎずに優しく洗い流します。
くすみがひどい場合はピーリング洗顔などを使用するとより効果的です。ただしやり過ぎてしまうと摩擦や刺激に繋がるので注意してください。

くすみ肌にならない為の予防法

・紫外線の場合

紫外線を浴びなければ防げるので、紫外線をブロックするために日傘や三グランスの着用、日焼け止めクリームなどUVカット用品を使うことで防ぎます。
また、日焼け後のスキンケアも大切です。肌を冷やすことでダメージを軽減することも可能です。

・乾燥の場合

乾燥肌にならないためにも毛穴汚れを落とした後は保湿ケアを徹底してやりましょう。セラミドなど肌の内部の水分を高める化粧品を使うことで事前に乾燥を防ぎます。
季節を問わず乾燥する場合もあるので日頃からケアをすることで予防出来ます。

・血行不良の場合

運動や半身浴、マッサージをすることで血行促進が期待でき、血行不良を防ぎます。野菜を摂取して血液をサラサラにし、睡眠を十分に取りましょう。
他にも毎日のストレスを貯めないことも重要がなります。

くすみ肌についてまとめ

くすみはシミのように頑固で治りづらいものではないので、すぐに以前の肌を取り戻せることが多いです。
若い肌年齢を維持する為にも日頃のスキンケアや生活習慣を見直してみてください。

くすみ肌のメカニズムと予防方法まとめ

くすみ肌のメカニズム

くすみ肌のメカニズム(原因)として、いくつか考えられます。
1.血行不良
2.乾燥
3.日焼け
4.古い角質などの汚れ
5.肌の糖化

等があげられます。
ある程度、短期間で改善に向かえるものから長い目で見なければいけないものまで様々ですが、共通して言えることは、普段のスキンケアが肌状態に合っていないこと、生活習慣がお肌に影響を及ぼしているということになります。
各々の原因によってケアは変わってきますので、適切に対応することが、改善の近道になります。

くすみ肌を治す方法

1.血行不良の場合

一番の改善策はマッサージです。
どうしても冷え性の方や冷房の効いた部屋などに長時間いると、血行不良になりがちです。血行不良になると十分な酸素、栄養が行き渡らず、肌にも血色を帯びない状態になるので、くすんでみえるのです。
お肌をほぐしてあげることにより、お肌は柔らかくなり、代謝がよくなります。血行もよくなるので、くすみの改善に繋がります。

2.乾燥の場合

保湿がとにかく大事になります。みずみずしいお肌は透明感があります。お風呂に入っている時のお肌を想像してみて下さい。目指すところは、あの透明感になります。ヒアルロン酸やコラーゲンの配合されているものやセラミド配合のものを積極的に取り入れ、丁寧なケアを心掛けましょう。

3.日焼けの場合

乾燥の場合と同じで、丁寧なケアを心掛けましょう。
使用するラインとしては、美白ラインのものがお奨めです。メラニンの排出を重点的に行えば改善の近道になるからです。使用量をしっかりと守りましょう。

4.古い角質等の場合

古い角質等の汚れが原因の場合は、クレンジングや洗顔に重点をおきます。
クレンジングはオイルや乳液タイプなど比較的洗浄力の強いタイプを使い、油汚れ(メイク等)をしっかり落とします。洗顔も丁寧に行いましょう。しっかり泡立てて行うのがポイントです。
酵素洗顔やピーリングケアを行うのもお奨めですが、これはお肌状態を見ながら行いましょう。乾燥気味のお肌や荒れ気味のお肌に行うことは逆効果です。

5.糖化の場合

肌の糖化の場合は、スキンケアもですが、食生活から見直す必要があります。
甘いものを控えたり、油分の多い食べ物を控えるなど、食生活を見直しましょう。
スキンケアは、現在では糖化対策のものも販売されていますので、そちらを使用するのもいいですね。

くすみ肌にならない為の予防法

今までお話ししてきた通り、くすみに悩まないためには、普段のスキンケアが大事になります。
日頃、疲れてしまって何もしないまま寝てしまったり、何かひとつのアイテムだけを使用して終わりにしてしまったりと、どうしても時短に目がいってしまいます。
ですが、適切なスキンケアをしなければ、くすみの改善にはなりませんし、それどころか、悪化してしまうこともあります。
ご自身のお肌の状態、原因に合わせて、しっかりスキンケアをしましょう。丁寧なケアを意識することによって、一歩も二歩も改善に繋がりますし、改善が目に見えて分かりやすい肌悩みなので、ケアした分だけ、しっかりお肌に反映されます。
水分補給も大切ですので、外側だけのケアではなく、内側からもケアしましょうね。

くすみ肌についてまとめ

いろいろと、くすみ肌についてお話ししてきましたが、くすみの原因は様々です。ですが、普段のちょっとしたスキンケアや生活で改善することが出来るのも、また事実です。少しでも早く改善できるように、くすみに悩まされない肌作りを目指しましょう!