くすみ肌のメカニズムと予防方法まとめ

くすみ肌のメカニズム

くすみ肌のメカニズム(原因)として、いくつか考えられます。
1.血行不良
2.乾燥
3.日焼け
4.古い角質などの汚れ
5.肌の糖化

等があげられます。
ある程度、短期間で改善に向かえるものから長い目で見なければいけないものまで様々ですが、共通して言えることは、普段のスキンケアが肌状態に合っていないこと、生活習慣がお肌に影響を及ぼしているということになります。
各々の原因によってケアは変わってきますので、適切に対応することが、改善の近道になります。

くすみ肌を治す方法

1.血行不良の場合

一番の改善策はマッサージです。
どうしても冷え性の方や冷房の効いた部屋などに長時間いると、血行不良になりがちです。血行不良になると十分な酸素、栄養が行き渡らず、肌にも血色を帯びない状態になるので、くすんでみえるのです。
お肌をほぐしてあげることにより、お肌は柔らかくなり、代謝がよくなります。血行もよくなるので、くすみの改善に繋がります。

2.乾燥の場合

保湿がとにかく大事になります。みずみずしいお肌は透明感があります。お風呂に入っている時のお肌を想像してみて下さい。目指すところは、あの透明感になります。ヒアルロン酸やコラーゲンの配合されているものやセラミド配合のものを積極的に取り入れ、丁寧なケアを心掛けましょう。

3.日焼けの場合

乾燥の場合と同じで、丁寧なケアを心掛けましょう。
使用するラインとしては、美白ラインのものがお奨めです。メラニンの排出を重点的に行えば改善の近道になるからです。使用量をしっかりと守りましょう。

4.古い角質等の場合

古い角質等の汚れが原因の場合は、クレンジングや洗顔に重点をおきます。
クレンジングはオイルや乳液タイプなど比較的洗浄力の強いタイプを使い、油汚れ(メイク等)をしっかり落とします。洗顔も丁寧に行いましょう。しっかり泡立てて行うのがポイントです。
酵素洗顔やピーリングケアを行うのもお奨めですが、これはお肌状態を見ながら行いましょう。乾燥気味のお肌や荒れ気味のお肌に行うことは逆効果です。

5.糖化の場合

肌の糖化の場合は、スキンケアもですが、食生活から見直す必要があります。
甘いものを控えたり、油分の多い食べ物を控えるなど、食生活を見直しましょう。
スキンケアは、現在では糖化対策のものも販売されていますので、そちらを使用するのもいいですね。

くすみ肌にならない為の予防法

今までお話ししてきた通り、くすみに悩まないためには、普段のスキンケアが大事になります。
日頃、疲れてしまって何もしないまま寝てしまったり、何かひとつのアイテムだけを使用して終わりにしてしまったりと、どうしても時短に目がいってしまいます。
ですが、適切なスキンケアをしなければ、くすみの改善にはなりませんし、それどころか、悪化してしまうこともあります。
ご自身のお肌の状態、原因に合わせて、しっかりスキンケアをしましょう。丁寧なケアを意識することによって、一歩も二歩も改善に繋がりますし、改善が目に見えて分かりやすい肌悩みなので、ケアした分だけ、しっかりお肌に反映されます。
水分補給も大切ですので、外側だけのケアではなく、内側からもケアしましょうね。

くすみ肌についてまとめ

いろいろと、くすみ肌についてお話ししてきましたが、くすみの原因は様々です。ですが、普段のちょっとしたスキンケアや生活で改善することが出来るのも、また事実です。少しでも早く改善できるように、くすみに悩まされない肌作りを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です