肌のお手入れに時間をかける事でくすみ知らずの白い肌に!

お肌がくすんでしまう主な原因は主に3つあります。
まず、1つ目は肌の血行不良によるものです。お肌の奥にある真皮には毛細血管が沢山あります。血流が滞ることで肌の赤みが失われ、くすんで見えてしまいます。
さらに血流にのって酸素が運ばれますが、血液の中にあるヘログロミンは酸素と結びつくことにより鮮やかな赤色になります、この赤色がお肌の血色感になりますので、肩こりや冷えで血行不良になると肌色に血色感がなくなりくすみんで見えてしまうのです。
もう一つはターンオーバーの乱れによる重層化です。本来、4週間から6週間がベストのはずのターンオーバーが乱れる事によりお肌表面が乾燥しキメがみだれくすんでみえます。剥がれ落ちなくてはいけない、角質が積み上がりお肌全体がくすみます。
三つ目は乾燥です。キメが乱れお肌がくすんでみえます。

マッサージでくすみ解消

お肌をマッサージすることにより、お肌を温めて血流を良くすることにより血色感を与えられます。毛細血管は加齢やストレスより減ってしまう事が分かっていますので刺激を与えて血流を良くする事でくすみづらいお肌を保つことにもつながります。さらに血流改善により細胞を生みだす基底層に栄養が行きわたりやすくなりますので、元気な細胞を生みだす事が出来るようになり、ターンオーバーを正常化することによりくすみを改善することもできます。

クレンジングでくすみ肌を改善する

正しいクレンジング、洗顔をすることにより肌表面の汚れを落とす事ができ重層化を防ぐ事ができます。また正しいクレンジング、洗顔をすることにより次に使うスキンケアの浸透も格段に良くなりますので、乾燥ケアにもつながります。

しっかりと保湿

乾燥肌の方はきちんと保湿することによりお肌のキメが整い光の反射の関係でお肌に透明感がでます。
また乾燥していると、ターンオーバーの乱れや角質重層化の原因ともなります。

身体を冷やさない事で顔の血行が良くなる

冷房がききすぎた部屋にいたり、冬の寒い日は特にくすみを感じたりしませんか?冷えすぎは身体にもよくありませんがお肌にも良くありません。冷えてしまった日には温かい食事や飲み物をとったり、半身浴をするなどして身体を温めましょう。

ストレスを溜めない。
ストレスを感じると交感神経の働きで血流が悪くなります。徹夜明けや仕事後にくすみを感じるのは、ストレスを感じているからかもしれませんよ?!忙しい日にこそ、是非好きなアロマを焚いてみたり音楽を聴いてみたりリラックスを心がけてみましょう。

お手入れをしっかりと!

上記の2点を頑張ってみても、やはりお手入れ不足は大敵です!!クレンジング、洗顔、お化粧水、乳液、ナイトクリーム、ベイシックのお手入れはしっかりと行いましょう。美は1日にしてならず!!

くすみ肌についてまとめ

くすみのない透明感のあるお肌って憧れますよね(*’▽’*)
寒い日が続き、お肌は冷えやすくまた湿度の低下により乾燥しやすい時期ですがくすみ知らずのお肌を頑張って手にいれましょう!!

肌ナチュールホワイトエッセンスの口コミ>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です