くすみをなくして美肌を手にいれる

くすみ肌のメカニズム

美容面で肌がくすむ原因は血液循環のメカニズムが一つ、年齢というのもありますが元気肌をキープするには必須です。肌再生で表面にある角質ならば洗浄力の高い石鹸で洗えばよいですが、くすみは肌の内側からの機能がベストでないからですね。それを改善するには日常の家事とか徒歩、仕事面できちんと動くこと。それぞれの体力範囲で運動していれば、フェイスラインの肌はいきいきとして元気な雰囲気に見えます。それと肌機能に関連する腸内の浄化が必須、野菜メニューをチョイスしたり、朝食やお昼にヨーグルトを用意すればすっきり腸内で肌いきいきで明るい肌色ですごせます。

 くすみ肌を治す方法

・血液循環をベストにする方法

20代から30代、40代になれば自然と運動量が低下するのが一般的ですが、健康と美容を考えて家事タイムでもちょっとした運動をするのもよい方法です。まめに動く家事としたらお掃除、しゃがむ時でもきちんと腰をすえて姿勢をシャンとすればベストな骨格がキープできます。
運動すると体内の新陳代謝がスムーズになり、体液とか血液がさららさら、不純物が流れて肌色明るく維持できます。買い物に出かける時は比較的近距離なので徒歩が通常、片道15分程度の距離をスタスタと歩くので筋力キープし、秋冬時期は身体の内側からぽかぽかと温まります。くすみ肌の改善ポイントは血液循環とか新陳代謝、日常生活の運動量が重要です。

温めるという意味で最適とかベストなのは入浴、ぽかぽかと身体の芯から温まれば冬シーズンでも新陳代謝アップ。それに夜の10時から午前2時が肌づくりに重要なので規則正しい就寝時間習慣も肝心、この時間帯はシンデレラ・タイムと言います。だからくすみ肌改善は生活スタイルからのもの、生活基本で肌づくりしています。

くすみ肌にならない為の予防法

・腸の浄化

年齢が上がるにつれて老化のパーツはフェイスラインや身体機能、美容の肝心はすべすべ肌づくりの腸内浄化もたいせつです。なぜかというと腸には若くても宿便があり、この状況が肌荒れとかくすみの原因だからです。
腸の掃除には蒟蒻とか野菜、それに習慣づけしやすいヨーグルトがベストです。ダイエットやスタイル・キープにも低カロリーのヨーグルト最適。秋冬はプレーン・ヨーグルトを20秒くらい電子レンジ、常温で食せば1月や2月もよい美容効果。仕事がある日や休日は忙しいのでヨーグルト温める時間がない時もありますが、腸の浄化にはお腹を温めるのもよいので、習慣づけています。
毎週プレーン・ヨーグルトかというと時々はフルーツ入りのカップとか、寒天入りの安いヨーグルトを食べる時もあります。要するに健康と美容効果には乳製品を熟成したヨーグルト、それか甘酒をストックしても同じような効果があります。

くすみ肌についてまとめ

見た目が若く元気に見えるには日常の生活スタイルが基本、以前はスキンケアというとやや高い化粧品を使うのがよいと思っていましたが、内側ケアが重要です。特に普段からこまめに動いて運動することと、入浴タイムで温まるのはたいせつな美容ケア。身体機能の腸も重要でヨーグルトおススメ、低カロリーで比較的安価、種類が豊富なのでストックするとよい

コンシダーマルの口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です