紫外線対策と乾燥を予防してくすみをなくす

くすみの原因となる原因は主に紫外線や乾燥、血行不良、摩擦による刺激、化粧落としの不十分などさまざまです。

このような要因によって皮膚のターンオーバー機能が乱れていきます。肌の新陳代謝が遅れて角質層が厚くなってしまうと肌に皮脂や老廃物が蓄積していきます。
その結果、古い角質が残り肌の透明感が失われていき「くすみ」となってしまいます。

またストレスや冷え性が原因で血行不良になり血液の循環が悪くなった場合も、くすみの原因となってしまいます。

くすみ肌を治す方法

・紫外線の場合

メラニンを抑制する為にビタミンCを摂取することです。ただし日頃の紫外線対策もしっかりやっておかないと意味がありません。
曇の日や室内でも少なからず紫外線によるダメージはあるので、しっかりと日焼け止めをしておきましょう。

・乾燥の場合

保湿を徹底し、古い角質を落としながら肌のターンオーバーを整えていきましょう。また、血行を促進することで乾燥を解消出来ることもあります。
美白成分や高保湿成分が入っているものを使うことで浸透力を上げ、潤いを取り戻していきます。

・肌汚れや蓄積の場合

化粧をしっかり落とさずに肌に汚れが残っている場合は、洗顔やクレンジングから見直していきましょう。
落とさずに寝てしまう事はもちろん、日焼け止めを塗った場合もしっかりとクレンジングをしましょう。
正しい洗顔をすることで角質除去や毛穴汚れを無くしていきます。必ず泡立てた洗顔料を擦り過ぎずに優しく洗い流します。
くすみがひどい場合はピーリング洗顔などを使用するとより効果的です。ただしやり過ぎてしまうと摩擦や刺激に繋がるので注意してください。

くすみ肌にならない為の予防法

・紫外線の場合

紫外線を浴びなければ防げるので、紫外線をブロックするために日傘や三グランスの着用、日焼け止めクリームなどUVカット用品を使うことで防ぎます。
また、日焼け後のスキンケアも大切です。肌を冷やすことでダメージを軽減することも可能です。

・乾燥の場合

乾燥肌にならないためにも毛穴汚れを落とした後は保湿ケアを徹底してやりましょう。セラミドなど肌の内部の水分を高める化粧品を使うことで事前に乾燥を防ぎます。
季節を問わず乾燥する場合もあるので日頃からケアをすることで予防出来ます。

・血行不良の場合

運動や半身浴、マッサージをすることで血行促進が期待でき、血行不良を防ぎます。野菜を摂取して血液をサラサラにし、睡眠を十分に取りましょう。
他にも毎日のストレスを貯めないことも重要がなります。

くすみ肌についてまとめ

くすみはシミのように頑固で治りづらいものではないので、すぐに以前の肌を取り戻せることが多いです。
若い肌年齢を維持する為にも日頃のスキンケアや生活習慣を見直してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です