肌の血行を良くしてくすみ肌を改善

くすみ肌のメカニズムは、紫外線や乾燥、加齢、睡眠不足、外部刺激などの要因によって肌の新陳代謝が鈍くなり、

肌のターンオーバーが遅くなると古い角質が剥がれずに角質層がどんどん厚くなってしまいます。

角質層が厚くなることで皮脂や老廃物が蓄積され、血行不良に陥り、整っていたキメが乱れて、肌の透明感が失われていくことでくすみ肌になってしまいます。

喫煙やストレス、冷えなどで血管が収縮して血液循環が悪くなってしまうことや
化粧品に含まれる油分や皮脂が空気中に触れていくうちに酸化が進むことで肌のくすみの原因を作ってしまいます。

くすみ肌を治す方法

・紫外線対策を行うこと

紫外線による肌ダメージは紫外線くすみを悪化させる要因となります。
これを防ぐために、常に日焼け止めをしっかり塗ること、日傘を活用するといった紫外線対策が必要です。
ピーリングを行うのも効果的です。紫外線くすみの原因となるメラニンを取り除いてくれるのでくすみの改善につなげます。
ピーリングを週に1回の習慣にすることでよりくすみ改善効果アップが期待できます。

・肌を保湿すること

保湿不足になると乾燥を引き起こし、肌が灰色がかって見える乾燥くすみを引き起こしてしまいます。
保湿ケアにおススメの成分はセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが挙げられます。
その中でもセラミドは特に保湿効果が高い成分です。これらの成分が入っている化粧品で毎日の保湿ケアを習慣にすることでくすみを改善させます。

・肌の血行を改善させること

血行を改善させる手軽な方法として、蒸しタオルを使った方法があります。水に浸したフェイスタオルを用意して固く絞り、電子レンジで1分ほど加熱して顔に当てます。タオルが冷めてきたら外して完了です。
蒸しタオルを使うことで血行が促進され、血行不良が原因の青くすみを改善することができます。
朝のメイク前や顔のクマやくすみが気になる場合におススメです。

・正しいスキンケア方法でくすみを改善

間違ったスキンケアによって汚れが蓄積されてしまうこともくすみの原因となってしまいます。
くすみに効果的なスキンケアは。洗顔時はゴシゴシ擦らず、たっぷりの泡でやさしく洗い上げます。
化粧水をつける時は、手で温めてから優しくハンドプレスします。
目元や口元など乾燥しやすいところは重ねづけをします。乳液や美容液をつける時は手で温めてから優しくハンドプレスを行います。
くすみの改善には毎日のスキンケアを正しく行うことが近道と言えます。

・くすみ改善に効果的な栄養素や食材を摂取すること

くすみは食習慣の乱れによっても引き起こしてしまいます。くすみ効果的な栄養素や食材を摂取することでくすみ改善につなげます。
くすみに効果的な栄養素としてビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、鉄分が挙げられます。
食材として、豚レバー、ウナギ、ニンジン、パプリカ、レモン、明太子、モロヘイヤ、イワシ、かぼちゃ、卵、シジミがくすみ改善に効果的な食材です。これらをバランスよく取り入れることでくすみを治しやすくしてくれると言えます。

くすみ肌にならない為の予防法

・「顔の体操」を行う

顔の体操のやり方は、口の中に軽く空気を含み、口を閉じます。頬を左右交互に膨らませ、上下に空気を動かして、鼻の下と唇の下を交互に膨らませます。
顔の筋肉が刺激され、血行促進効果につながり、毎日数分でも良いので継続的に行なうことで予防につながります。

・「身体を冷やさないようにする」

入浴はシャワーではなくお風呂に浸かり、フェイスマッサージやボディーマッサージを行う、寝る前や起床後のストレッチ、冷たい飲み物は控え温かいものを優先的に摂取する、身体を冷やしてしまうカフェインを避けること、トイレを我慢しないことといったことを毎日の習慣に取り入れることで、くすみ予防につなげます。

・「適度な運動を取り入れる」

顔の血行が良くなるのでくすみを引き起こしにくくしてくれます。一駅分歩くなどちょっとしたことで構いません。

他にタバコを控える、睡眠をしっかり摂ることもくすみ予防につなげてくれます。

くすみ肌についてまとめ

くすみ肌の改善や予防は普段の生活を少し見直すだけでできる方法が多いので、少しずつ習慣化させていくことで
徐々にくすみに負けない肌質へと変えていくことで、肌悩みを解消し、肌トラブルを減らすことにもつなげられると言えます。
また、知らず知らずのうちにくすみを引き起こしてしまう生活習慣をしている部分もあるので、そういったことをなくしていくことが
くすみ肌を改善し予防へとつなげます。

メディプラスゲルの口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です